おススメコイン 話題のニュース

意見対立!ripple(リップル)ってどうなの?

2017/08/06

クリプトボーイ

クリプトボーイ

この記事は約3分で読めます。

将来性抜群rippleはアリかナシか?

リップルコイン(ripple)は現在(2017/8時点)、市場ランキング3位のコインです。

暗号通貨としては、歴史も長く
多くの銀行が研究している有望視されるコインの一つです。

しかしながら、価格の上げ方から見えてくる仕組みに賛否両論で対立しています。

これは結果として、好みの問題だと思います。

非中央集権と中央集権の好みです。

非中央集権派vs中央集権派

暗号通貨は国がお金をコントロールする事に
疑問を持った人たちがつくったとされています。

国や特定の組織が管理する事を「中央集権管理」と呼んでいます。

世界で初めての暗号通貨であるビットコインは
非中央集権に強い拘りを持っています。

国や特定の組織が管理をしていないのに価値を有して、
世界中に取引所があるビットコインは
非中央集権的な価値が注目されて、大きく価値を上げました。

リップルはこれに対して、
組織全体で力を合わせて価値を向上させようという動きをしています。

これは、これまでの会社の株のような
中央集権的な動きを良しとする人からすると評価できることです。

反対に、ビットコイン的な非中央集権を支持する人からすると評価できない動きです。

SBIはripple大量保有&ripple推し

一方、日本のSBIはリップルを大量保有しており、
取引所「SBIバーチャルカレンシー」が夏にオープンするのですが、
どうもこちらの基軸通貨にrippleとビットコイン(bitcoin)が採用と言われています。

またSBIの北尾氏はリップルのことを絶賛しています。
https://ripple.com/insights/sbi-holdings-views-on-blockchain-and-xrp-an-interview-with-yoshitaka-kitao/

もちろん北尾氏はリップルを大量保有しているので一種のポジショントークなのでは?という部分は否めないですが、何か仕掛けてくる可能性はありますね。今後の動向にも注目したいです。

まとめ

・rippleは中央集権の特色が強い!

・bitcoinなどがこだわる非中央集権とは真逆のため、対立している!

・日本のSBIはrippleとbitcoinを取引所の基軸通貨にする予定と発表!

・どっちがいいかは、好みの問題!

かなり中央集権的な特色の強いコインなので、ビットコインのあり方に肯定的な非中央集権派の思想には合いませんが、、
短期的に値上がりを考えるならありなのではないでしょうか。

どちらにせよ、仮想通貨界の発展に貢献していることには変わりはないですからね♪

登録者限定プレゼント&コア情報配信中!

コメントを残す


  • circuit voiture looping jouet club

    2018-05-24 10:30:56

    Vous vous demandez quel jouet offrir à vos enfants? http://journalism.co.za/radio/raquel/?p=76

関連記事

TOP