おススメコイン

仮想通貨 DIMCOIN(ディムコイン)とは?特徴やメリット 将来性は?

2018/06/07

クリプトボーイ

クリプトボーイ

この記事は約3分で読めます。

仮想通貨 DIMCOIN(ディムコイン)とは?特徴やメリット 将来性は?
地球のみなさん、こんにちは。
クリプトボーイです。

今日の記事では、DIMコインという仮想通貨について解説していくぞ。
あまり有名ではないコインだが、コンセプトが良いのでこれから認知度が高まっていく可能性が高い。

今から仮想通貨で稼ぐには、まだ認知度の低い仮想通貨を早く仕込んでおくしかないので、
ディムコインにも注目しておいてくれ。

DIM ディムコインとは?

ディムコインとは、NEMのブロックチェーンをベースに作られた仮想通貨だ。

DIMコインとDIMエコシステムは、DIMCOIN財団によって運営されている。
NEMにもNEM財団という運営がいるので、その点は似ている。

DIMコインは、ベンチャー企業と投資家をつなぐプラットフォームで使われるコイン。

少し似ているサービスが、VALUというサービス。
個人の価値を売買することのできるプラットフォームで、
投資家はビットコインで個人の株を購入し支援する。

DIMの場合は、
非上場企業だが、投資家を募って資金を集めたいという優良な企業と、
ベンチャー企業に投資をしたい投資家をつなぐためのブリッジ通貨となる。


DIMコインの将来性は?

DIMコインは、ベンチャー企業と投資家をつなぐために使われるコイン。

現在、こういったプラットフォームで有名なところはないので、
運営がしっかりとこのシステムを認知して行けば、
定番のプラットフォームになり、コインの流動性も上がるだろう。

実は、DIMのプラットフォームはすでにシステムとしてできており、
HYBSEという取引所にはすでに50社が上場している。

あとは、HYBSEの認知度が上がり、
DIMの流動性が上がって行けばコインの価格上昇の期待ができるだろう。

DIMコインは2020年に30倍!?

DIMのホワイトペーパーによると、
2020年までにはICO価格の30倍の価格になる予定出そうだ。

この計画通りに行けば、30倍というリターンを得ることができる。

この30倍を高いか低いと見るかは人それぞれだが、
もしこのコインに魅力を感じた場合は購入してみても良いと思う。

 

仮想通貨 DIMCOIN(ディムコイン)とは?特徴やメリット 将来性は?

登録者限定プレゼント&コア情報配信中!

コメントを残す


関連記事

TOP