話題のニュース

コインチェック ハッキングによるネムの不正出金被害疑惑で騒いでいる方へ

2018/01/26

クリプトボーイ

クリプトボーイ

この記事は約7分で読めます。

コインチェック ハッキングによるネムの不正出金被害疑惑で騒いでいる方へ

地球のみなさんこんばんは!
クリプトボーイです。

1月の前半はお祭り騒ぎだったのに、
後半は仮想通貨業界にとって地獄のような日々であった。
というより現在進行系でとてつもなく冷え込んでいる。

ビットフライヤーへどんなコインが上場して爆上がりするんだろうという空気は一切なく、
本当に仮想通貨は今後大丈夫なのか?と、
不安に思えてしまう日々が続いている。

普段仮想通貨にポジティブな思考を持っている人でさえ、
内心結構不安に感じるはずだ。

というのも、本日発生したコインチェックの事件はかなり衝撃的である。

ただこれだけは言えることだが、
まだ全容が公式から発表されていないのだ。

今世に出回っている情報は、ほとんどが噂である。
とりあえず今回起きている騒動をまとめてみた。

ちなみに、こちらでは最近の動向に合わせた記事を更新し、公開しているのでこちらも必ずチェックしてくれ!

コインチェック 和田社長が破産申請!?倒産した場合 保証や税金はどうなる?

 

コインチェック、ハッキング疑惑の時系列

ということで時系列をまとめよう。
一番初めにきた、ネムの入金停止のお知らせメールを見たときは、
あ〜、メンテナンスか〜くらいに思っていたが、
後々まさかこんな事態になるとは…

 

1月26日 12時7分
「【重要】NEMの入金について(随時更新)」と題されたブログ記事が公開。同記事内で「現在、NEMの入金について制限をさせていただいております。入金を行いました場合、残高に反映がされませんため、入金を行わないようお願い申し上げます。」

と発表があった。
このときはほとんどの人は、ことのヤバさにまだ気がついていない。

 

1月26日 12時38分
現在、NEMの売買についても一時停止をしております。大変ご迷惑をおかけしてりますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

と発表。
徐々に雲行きが怪しくなってきていた。

 

1月26日 12時52分
現在、NEMの入金、出金、売買を停止しております。ご迷惑、ご心配をおかけしておりまして申し訳ございません。原因や詳細など、判明次第早急にお知らせ致しますため、ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

と発表。
かなりヤバくなってきている!
お知らせが更新されるたびに、入金、売買、出金が次々と停止されていく様子がうかがえる。

 

1月26日 16時33分
現在、Coincheckで取扱のある全通貨(JPY含)の出金を一時停止とさせていただいております。NEMに関しては引き続き入出金、売買を一時停止とさせていただいております。

と発表。
ついに日本円含む全ての仮想通貨の出金が停止された。
これで顧客の資産は完全にロックされたことになる。
コインチェックに預けていた人の精神状態は最悪な状態だろう。
このまま取り出せなかったとしたら、いわゆるGOX状態となる。

 

1月26日 17時23分
現在、BTC以外(オルトコイン)の売買を一時停止しております。大変ご迷惑をおかけしてりますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

ついに他のアルトコインの売買も停止。

 

1月26日 17時53分
お伝えしております対応に続き、現在、クレジットカード、ペイジー、コンビニ入金による入金が一時停止しております。また、詳細の公表等につきましても現在準備を進めております。お時間を頂戴しておりまして申し訳ございません。何卒、よろしくお願い申し上げます。

 

コインチェックがハッキングされ、ネムが盗難された?

コインチェック公式の情報によると、
まず初めに問題が起きた通貨はネムで間違いない。

そのことから、ネムが盗まれたのではないかということでネムの価格が下落。
ただ、今のところ信憑性は微妙だが、
ヤフーニュースでは、各種暗号通貨の不正出金がみられたという報道もある。

確かにネム以外の入出金、売買が次々と停止さているので、
この事態も最悪の場合ありえるだろう。

ただ、あくまで公式発表を待とうというスタンスであることは覚えておいて欲しい。

今のところユーザーが調べたトランザクションによると、
確かに、5.4億XEM、日本円にして約620億円以上が謎のウォレットに引き出されていたようだ。

 

今のところ出てきているのはネムの出金情報のみ。
その他の通貨も盗まれたという情報もあるが、まだ確証はない。

この部分に関しては、無責任に言えないので、続報を待とう。

 

相場が暴落したときの心構え

やはり、相場は人の心情で動いているので、
当然ネガティブな出来事があったら大きく下落する。

そして人々は、下落しているときほど心に不安を抱くので、
怖くなってさらに売ってしまう生き物なのだ。

投資の世界ではこれを、狼狽売りと言う。

仮想通貨投資で負ける人の特徴としてよく言われているのが、
狼狽売りをする人は負けるという事実だ。

基本的に、仮想通貨投資で買っている人は、
暴落時に買って暴騰時に売っている。

暴落している最中はずっとホールドをして放置するというのが基本。

なので、焦って売る必要はないと思う。
何事もそうだが、まずは落ち着くところからだ。

コインチェックに資産を置いている人はかなり不安だと思うが考えて欲しい。

死にはしない
大丈夫だ!
人間死ななければ何とかなると思っていれば多分大丈夫。

僕も一時期、
3万8千リップルや10万エイダがゴックス状態になったことがあったが、
何とかなるだろう〜と思ってすごしていて、結局何とかなった。

なので、変な噂に流されずに落ち着こう!

 

GOXしたら預けている資産はどうなる?

もし仮に、コインチェックにあずけていた資産がGOXしたらどうなるのか?
マウントゴックス事件のときを思い出していただければ、
戻ってくることはないというのが現実だろう。

金融庁の認可を受けているビットフライヤーでは、
100万円以下の盗難について、保証が適応される。(2段階認証を設定している場合のみ)

ただし、コインチェックは、金融庁の認可を受けていない取引所だ。

少し前までは、認可を受けていないのに営業出来るのか?
という疑問と不安がユーザーによぎっていたが、
何だかんだ、認可を受けていないにも関わらず、普通に営業しているので、
認可とか受けなくても大丈夫なんだ〜という空気に最近はなっていた。

でも実際は、認可を受けれない場合は、
ユーザーに資産を返金して会社は倒産するしかないという状況ということ。

結局このままコインチェックが、マウントゴックスのようになり、倒産したら、
絶望的だろう。

そもそも、資産の保証はないので、どちらにせよヤバイのだ。

ただ、あくまで本当に資産が盗まれてどうしようもない場合の話しである。

実は大した問題ではなかったということになり、
相場も回復してくれるという奇跡をただ願うばかり。

 

ハードウェアウォレットを使おう

ということで、こういった問題が起きるたびに重要視されているのが、
自分の資産管理である。

僕は資産のほとんどをレジャーナノSにおいている。
コインチェックには200円くらいしかない。

やはり、取引所に置いておく危険性は明らかである。
レジャーナノSで対応している通貨は、
トレードをしないのであればここに入れておくといいだろう。

コインチェックにやられた人は今更だが、
今後もどこの取引所で何が起きるか分からない。

後でやろうと思って後回しにしていると絶対に公開するので、
今できる対策はしっかりとしておくべきだ!

ただし、レジャーナノSにも詐欺のトラップがたまにあるので、
しっかりと公式サイトから買うことを強くオススメする!

アマゾンやメルカリで買うと全部盗まれるかもしれないぞ!

 

ということで、
ポジティブに頑張っていこう!

コインチェック ハッキングによるネムの不正出金被害疑惑で騒いでいる方へ

登録者限定プレゼント&コア情報配信中!

コメントを残す


  • circuit voiture looping jouet club

    2018-05-24 10:30:56

    Vous vous demandez quel jouet offrir à vos enfants? http://journalism.co.za/radio/raquel/?p=76

関連記事

TOP